外壁塗り替え こんな業者は選んではダメ

 

外壁塗装を行なう上で、良い業者悪い業者が存在します。こんな業者はダメということで、契約をやめたおいたほうがいい会社の特徴をご紹介します。

・契約内容があいまい

見積もり書の書き方やその項目などもしっかりチェックしておかないと、余分の必要のない工程が含まれている可能性もあります。気になる項目があるなら、しっかり指摘して話し合いをしてみてください。そういった見積もりや契約内容があいまいな場合は、後々トラブルの元となります。こちらとしては当然契約に入っている作業と思っていたのに、実は入っていなかった、後で追加を請求されたというようなことが起こり得ます。

契約内容をしっかりと提示してくれて、あいまいな部分を残さないようにしてくれる塗装会社は本当に信頼できますね。

・保証についての説明がない

施工や作業工程についての説明はしっかりしてくれるのに、保証についての説明がない会社も要注意と言えますよ。作業中の事故や、作業に関わる色々なトラブル、たとえば近隣の方とのいざこざなどが起きた場合、そしてそれに金銭が関わってくるような場合はどうでしょうか?それは業者さんが負担してくれることになっているのかどうかなど、保証についてもきちんとした説明を受けておきましょう。

さらに作業が終了後に発覚した塗装剥がれとか、思っていた色や仕上がりと違うなど、色々と気になるところが出てきた場合の保証はどうでしょうか?そういったことも含めてどういう対応をしてくれるのか保証についての説明もしっかりしてくれているなら、安心ですよね。でもそうでないなら、要注意な業者認定ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です