外壁塗り替え 避けた方がよい業者の特徴

 

外壁塗り替えを考える上で、おすすめの業者と逆に避けた方がよい業者がいます。どの業界もそうですが、やはり評判の良い会社とそうでない会社があります。

では避けた方がよい塗装会社の特徴にはなにがあるでしょうか?

・専門会社ではない

塗装会社といっても実は色々あります。一般住宅ではなくお店や工場が得意な会社もあります。お店などの建物と一般家屋では使う塗料が違ったり、外壁の質も違っていたりもします。またビルやマンションの外壁を主にやってきた業者もいますから、同じようにいわゆる一般住宅とはやり方が違ってきます。

最近は不景気で仕事がないので、そのようなたとえばマンションやビルを専門にこれまで塗装してきた会社が、一般家屋の塗装にも進出するといった場合があります。しかし、経験が少ないために、またこれまでと勝手が違うためになかなか依頼者の望む仕上がりにならないといったトラブルも発生しています。

それで外壁塗り替えを頼むなら、一般家屋を専門にずっと行なってきたそういう会社を選ぶようにしましょう。

・契約を急がせる

外壁塗り替えの契約を急がせる会社も存在します。これも避けた方がよい会社の特徴の一つと言えます。こちらとしては何社かの中から慎重に選びたいと思っていても、早く早くとせかされるのは気持ちのよいものではありませんよね。またいついつまでに契約してもらえれば、さらに見積もり金額から割引ます、というような言葉で契約を迫る場合もあります。

しかし契約を急ぐには急ぐなりの理由があるのでしょう。それの多くは会社都合です。期末だから売上を上げたいとか、先に契約させて後で料金を吊り上げるといった場合もあるようです。いずれにしても、大きなお金がかかっているのですから、ゆっくり納得するまで考えさせてくれるそんな親切な業者を選びたいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です