塗り替え費用は安いのが一番良い?

外壁の塗り替えをしようと思う場合、どれくらいの価格が必要になってくるのかとても気になるところですよね。外壁の全体をやろうと思ったり、屋根も一緒にやろうとなると、数百万円のお金がかかってくる場合もあります。ですから、価格は一番気になるところです。

見積もりをいくつかの業者にお願いした場合に、一番安いところにお願いしたくなるのは人間の当たり前の気持ちですよね。でもちょっと待ってください!値段だけで決めるのは本当に危険なことなんです。

もちろん企業努力によって安さを実現している塗装会社もあります。中間マージンを省いたり、材料や塗料などの特別な仕入れ先があるなど、色々な工夫や努力によって安さをウリにしている会社もあります。しかし、いわゆる手抜き工事をする業者も、安さをウリにしていることがありますので、そこが要注意です。

安さには理由がありますから、その理由が企業努力によっての安さなのか、手抜き工事ゆえの安さなのか、その違いが大きな違いになります。手抜き工事の場合は、塗装前の段階から始まっています。足場を簡易なものにしたり、塗装前の洗浄をいい加減にしたり、塗料を約束のものより安価なものに勝手に変えたりなど、本当に色々な手口で経費を安く抑えようとします。その結果が、安さをウリにしているということなのです。

ですから外壁塗り替えを行なう場合には、ただその価格の安さだけに注目しないようにしましょう。なぜその安さなのか、なぜその金額なのか、その理由をしっかり見定めていくようにしたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です